レンタサイクル利用規約

このレンタサイクルは、株式会社トップ・ケー(以下 当社)が運営管理しています。本規約は、当社のレンタサイクルを利用するお客様(以下 利用者)に対して適用されるものとします。利用者は、この利用規約に同意の上、レンタサイクルを利用していただくことになります。

なお、この規約に定めのない事項については、 法令または一般の慣習によるものとします。

1.利用申込み

利用申込みは、当社が委託する宿泊施設等(以下 ホテル)のフロント受付(以下 フロント)にて、自転車の貸出が可能か在庫の確認(以下 在庫確認)をしてから「レンタサイクル利用申込フォーム(以下 申込フォーム)に必要事項をご記入の上、申込ください。

貸出時の際、利用者ご本人の身分証明書(顔写真が確認できる運転免許証・パスポート・外国人登録証明書等)をフロントにご提示していただきます。

※本人確認のためご提示いただいた身分証明書の番号は、控えさせていただきます。
※申込フォームへご記入いただきました個人情報については、当レンタサイクル業務以外の目的には使用いたしません。
※18歳未満の場合、貸出期間中、親権者(以下「保護者」といいます)が同伴できる方。なおこの場合、利用申込に際し、保護者の自筆署名と、保護者の身分証明書の提示が必要となります。保護者は本規約に基づく責任を本人と連帯して負うものとします。
※自転車の適応身長に合わない場合(26インチ145cm以上)は貸出をお断りします。
※申込フォームに虚偽の記載をされた場合には、利用をお断りすることがあります。

2.利用料金と支払い

レンタサイクル料は1回(注)1800円(税別)になります。(注)1回とは貸出時間は午前6時から20時までの間になります。20時を過ぎる場合にはフロントにご連絡ください。

レンタサイクル料金の支払いについては、フロントで宿泊料と一緒にご清算ください。ご宿泊のホテルで可能な支払い方法に準じます。

3.利用条件

レンタサイクル(以下 自転車)の貸出・返却については、利用時間内(申込み時に指定した時間内)に行って下さい。お一人様に同時に複数の自転車を貸出することはできません。

※万一、返却時間に遅れる場合はフロントまでご連絡ください。
※自転車の貸出・返却の際、フロントの係員とともに取扱の説明・乗車前点検の説明を受けてください。
※当社では、安全確保のため無料でヘルメットの貸出を推奨しております。

4.貸出

利用者は、自転車を借り受ける際、ブレーキの効き、ハンドルの曲がり、タイヤの空気圧、ベルの鳴り、バッテリー残量などの安全かつ適切に利用ができる状態であることを必ずご確認ください

万一、自転車を借り受ける際、自転車の損傷、整備不良が発覚した時には自転車の貸出を中止するものとします。但し、貸出可能な自転車がある場合は貸出可能になります。

前項の確認後、自転車を利用した場合、借受時において、レンタル自転車に損傷、整備不良はなかったものとみなします。

5.返却先

貸出を受けた場所へ返却してください。当社では乗り捨て等サービスは一切行っておりません。

6.自転車の故障

貸出期間中に自転車の故障又は損傷があった場合は、速やかにフロントにご連絡ください。貸出可能な自転車の在庫があれば、フロントにて無償で自転車を交換いたします。

但し、自転車が全て貸出中の場合、故障又は損傷が当社に起因する場合は、後日利用料金を返金いたします。

故障又は損傷した際、フロントへ事前の了解なく、利用者自身の判断で自転車を修理された場合、修理代金は当社で負担いたしません。

利用者に起因する自転車の故障、損傷については、原則としてその修理に要した費用を実費で申し受けます。

その際、遠方にて発生し回収に費用がかかる場合には、別途回収費用も利用者にてご負担いただきます。後日請求書を申込フォームにご記入いただいた住所・利用者宛にお送りします。

尚、自転車の故障によって利用者や第三者に損害が発生したとしても、当社に起因する場合を除いて、当社は一切の責任を負いません。

7.自転車の盗難・紛失

貸出期間中に自転車から離れる場合は、自転車の鍵を必ず施錠してください。

貸出期間中に自転車の盗難に会い、又は紛失した場合は、速やかにフロントにご連絡ください。

無施錠のまま放置した等利用者に起因する事情により盗難、紛失した場合は、損害金額を利用者に請求する場合がございます。

なお、損害金額受領後に自転車の返還があった場合でも、返金は行いません。

また、自転車を放置禁止区域等に放置し撤去された場合は、返還を受けるに要した費用は全額を利用者に負担していただきます。

8.事故

利用期間中に遭遇された、第三者による事故・盗難等により利用者にケガ等の損害等が発生した場合において、当社は一切の責任を負いません。

利用者が利用期間中に事故にあった場合は、速やかに警察署に届ける等の法令で定められた処置をとるとともに、フロントに事故発生の日時・場所・原因・事故の状況等を報告して下さい。

事故についての協議・示談等が必要な場合には、利用者自らの責任において行って下さい。

上記(前項)にかかわらず、当社が第三者にやむなく損害賠償を支払った場合を含め、当社が被害を被った場合には、利用者にその損害賠償を請求することがあります。

9.鍵(付属品を含む)の紛失、破損

自転車の付属品等を紛失又は破損した場合は、交換代金を利用者にてご負担いただきます。

自転車の鍵を紛失、破損された場合は、交換料として1,000円をいただきます

10.保険

公益財団法人 日本交通管理技術協会が運営する第二種TSマーク付帯保険(赤色)に加入しています。第二種TSマーク付帯保険(赤色) の補償内容

11.禁止事項

次の行為を禁止いたします。

(1)飲酒・無謀運転、その他交通法規に違反する行為
(2)危険箇所・その他不適切な場所での利用
(3)自転車放置禁止区域内及び歩行者や自転車の通行障害となるような場所での駐輪
(4)自転車及び付属品の改造
(5)運転中に当該自転車の異常(パンク等)を認めた場合、運転を継続する行為
(6)利用申込者以外の第三者に使用させること
(7)その他、法令諸規則に反する行為

12.利用規約等の変更

当「レンタサイクル利用規約」に記載されているサービス内容等は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。

13.利用取消し

利用者が利用規約に違反した場合は、貸出期間中であっても、利用を取消し、自転車を速やかに返還して頂きます。この場合、当社が受領した利用料金の払戻しは一切致しません。

また、利用規約の違反により当社もしくは第三者が被害を被った場合には、利用者にその損害賠償を請求することがあります。

14.貸出しの拒絶

次の各号に該当する場合は、自転車の貸出しを拒絶できるものとします。

(1) 申込者が前項 11.に掲げた禁止行為を遵守できないと認められるとき
(2) 申込者が暴力団関係団体、関係者その他反社会勢力に属していると認められるとき
(3) 貸出期間が暴風雨等の悪天候時、若しくはそれらが予測されたとき
(4) 利用者が自転車の適応身長に満たさない場合
(5) 13歳未満でヘルメットの着用をお約束いただけない場合
(6) その他、当社が適当でないと認めたとき

15.信義則

本規約の内容に疑義が生じた場合、または本規約に記載していない事項が生じた際は、お客様、ホテル、当社は、誠意を持って協議し、解決に努めるものとします。

16.管轄裁判所

本規約に基づく権利および義務について紛争が生じたときは、当社または委託先のホテルを管轄する地方裁判所をもって専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

17. 緊急の連絡先

古賀グランドホテル
住所:千葉県野田市野田22-22
TEL:03-2222-2222

申込フォームに戻る