犬の遺伝子検査キット

犬の遺伝子検査について

ワンちゃんの飼い主であれば、食事や健康等に気づかいながらも長寿して欲しいと願うのは当然です。

現在、米国では犬のDNA(遺伝子)検査を行う人が増えており、 定期検診と同様にその重要さが認識されています。

DNA検査というものは、その信憑性(しんぴょうせい)の高さから広い分野で活用されています。

2015年にアメリカの高級マンションで犬を飼う居住者に対し、「生まれつき凶暴性の確認」としてDNA検査を住民に義務付けたという事例があります。

日本でも多くの動物病院において遺伝子検査が積極的に取り入れられており、将来の遺伝子疾患への対応に備えています。

動物病院に行かなくてもワンちゃんのDNA検査ができる検査キットが人気を集めています。

犬の遺伝子検査でわかること

遺伝子検査では、高齢犬になると現れやすいとされる緑内障・変性性脊髄症・拡張型心筋症など の遺伝子疾患のリスクを知ることができます。

この遺伝子疾患とは、親から子へ引き継がれたDNA(遺伝子)の変異によって起こる深刻な病気です。

ただ可愛いだけではなく、将来的な遺伝子疾患に対する対策・予防は、ワンちゃんの身体的な負担や、医療費負担の軽減にもつながることでしょう。

犬の遺伝子検査キットでは、ワンちゃん唾液を採取して送るだけで遺伝疾患等について調べられます。

遺伝子検査でやれること

検査の判定結果から、ワンちゃんが元気に健康で過ごすための食事内容や与え方、遺伝子疾患リスクを知ることができ、今後の定期検診で新たな項目を検討することができます。

将来的にワンちゃんの病気予防や健康維持等につながることは間違いありません。

犬の遺伝子検査キットでは、リスクについての結果報告だけではなく、専属の獣医による予防法等のサポートも受けられます。

検査方法はとても簡単

※検査結果の報告方法に関しては公式サイトにてご確認ください。

検査キットはこんな方におすすめ