子供の能力遺伝子検査キット

子供の能力遺伝子検査とは、何?

遺伝子検査を活用して、お子様に秘められた能力・才能を解析してみませんか?

人間の遺伝子(DNA)というものは、一人一人が違うことからお子様が持つ潜在能力も人それぞれです。

子供の能力育成は3才頃からはじめると、脳の発達上最適だと言われています。

お子様の得意分野を知ることで、お子様の能力や感性を最大限に引き出せるかもしれません。

検査は簡単。自宅で手軽に検査できる子供の遺伝子検査キットが人気を集めています。

検査で何がわかるのか?

お子様の得意分野や苦手な分野を知っておくことで、子育てしていく上で最高のアドバイスができるのではないでしょうか。

遺伝子検査で調べられる代表的な項目は大きく3つからなります。

記憶力や判断能力等がわかる学習能力、瞬発力や持久力等がわかる身体能力、注意力や勇気等がわかる感性です 。

遺伝子検査キットでは、お子様の唾液を採取するだけで多種項目な遺伝子の分析が行えます。

結果を知ってどうするの?

子供の脳の発達は3歳で8割が完成されると言われ、その後6歳で9割、12歳で10割と急速に進んでいきます。

検査結果から幼少期に得意な素質に気付いてあげることで、お子様の得意な分野を大きく伸ばしてあげられるのではないでしょうか。

例えば、テニスの錦織圭は3歳でラケットを握っており、将棋の藤井聡太は5歳で将棋を教わっています。

他に幼児教育を受けているのが、Amazonのジェフ・ベゾス、 Facebookのマーク・ザッカーバーグ、Googleのセルゲイ・ブリン等と多数存在します。

検査結果を子育ての一環として活用したいところです。

検査方法はとても簡単

※検査結果の報告方法に関しては公式サイトにてご確認ください。

検査こんな人におすすめ