アルコール遺伝子検査キット

アルコール遺伝子検査とは、何?

アルコール体質というのは、人によって個人差があります。

お酒を飲めば「飲めるのか、飲めないのかがわかる」と思う方もいますが、それは大きな間違いです。

人によって、酔う速さや二日酔いのなりやすさ、お酒の残りやすさ等は遺伝的な体質で決まるからです。

アルコール遺伝子検査キットでは、あなたのアルコール体質と適切な飲酒量がわかることから将来的な健康管理につながります。

検査で何がわかるのか?

遺伝子検査では、ADH1B遺伝子(アルコール脱水素酵素)ALDH2遺伝子(アルデヒド脱水素酵素)の2つの遺伝子について調べていきます。

結果、アルコール依存症になりやすいタイプ・純粋にお酒が強いタイプ・お酒が強いと思ってる勘違いタイプ・顔が赤くなるタイプ・全く飲めない下戸タイプ等が判定されます。

単にお酒の強弱判定だけでなく、自分がどのタイプのアルコール体質なのかを知ることで適量の飲酒を心がけられます。

アルコール遺伝子検査キットなら、病院に行かなくてもあなたの唾液を送るだけで検査ができます。

飲酒による病気リスクを知る

お酒は「飲んでも飲まれるな」という言葉があるくらい、飲み過ぎは将来的に病気リスクが高めてしまいます。

適量を知らない人ならなおさらです。

アルコールが原因とされる病気は様々です。アルコール依存症をはじめ、急性アルコール中毒や肝障害、さらには喉頭がんや食道がん等の関連が指摘されています。

遺伝子検査で将来的に自分がなりやすい病気を把握しておくことで予防に役立てることができます。

遺伝子検査キットは、検査結果の報告だけではなく飲酒の適量をはじめ、食事生活に関連した医師・管理栄養士等によるアドバイスが受けられます。

検査方法はとても簡単

※検査結果の報告方法に関しては公式サイトにてご確認ください。

検査はこんなに方におすすめ